友人を賃貸保証人に

友人を賃貸保証人にする意味

友人を賃貸の保証人とする場合

アパート、マンションといった賃貸住宅に入居を申し込むと、契約に先立って、保証人をみつけてくるように不動産会社から要求されることがあります。この場合、たいていは両親や親戚といった、血縁関係にある身近な人がなるものであり、ときには印鑑登録証明書のような書類が必要となってくることもあります。もちろん、本人とどのような関係にある人が賃貸住宅の保証人になるのかについての決まりはありませんので、友人を立てても問題はないといえます。しかし、この場合には、本人に家賃を滞納するなどの行為があった場合には、その取り立てがほかならぬ友人のほうにいってしまう可能性があることに留意しなければなりません。

賃貸契約の際の保証人について

不動産賃貸物件の賃貸借契約をする際の条件のひとつに、連帯保証人を求められることが一般的です。これは、賃借契約者の家賃等金銭的な債務に対して、連帯して弁済責任を負うという大きな目的があるのです。また最近では、これに代わって保証会社の利用が可能となっている場合もあり、賃料等の滞納の際は、この保証会社が一時的に立て替え払いをしてくれるということになりますが支払わなくては良いということにはなりません。こういった事態が発生すると、以降賃借人と保証会社の間に債権債務が移ることになり、保証会社より賃料ほか諸経費を求められることになることには注意が必要です。

↑PAGE TOP